お金の増やし方とセゾン投信

1103-cafe_saison

無料で最後まで読めます! お金の増やし方を解説したページはこちら

前回前々回の記事はこちら。

お金を増やすには投資をしたらいい、投資をするには投資信託がいい、いよいよまとめです。

じゃあ、その投資信託、何がお勧めかというと私はセゾン投信をお勧めします。

セゾン投信って?

分かりやすくすると

1103-world

この地球まるごと1個、世界中の株式や債券を私たちに代わり運用・投資してくれるのがセゾン投信です。

急にスケールが大きくなったと感じられますか?

投資信託は何も今日、Aさんが10万円分を買ったから、運用会社はその10万円で何を買おうか、こんな風には考えません。もっと大きな規模で何億円単位で資産を集めて運用しています。そのごくごく小さな部分でお金が増えたり減ったり(減るのは解約する場合)しているのです。

あとはその運用資産の中にどう関わっていくかですよね。

少しずつ少しずつ積み立てていくなどして、あなたもセゾン投信の仲間入りをすれば、セゾン投信が+10%、+20%のリターンを得れば、あなたも同様のリターンを受け取ることができます。

セゾン投信の成績はこんなにすごい

セゾン投信の利回りは―?気になる利回りを探ります。
さあセゾン投信を始めてみようかと言う方にはセゾン投信の利回りは気になるところ。買った後にどのように増えるのか、やはり気になりますよね。 ...

こちらで運用成績を計算しています。セゾン投信には2つの商品があります。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」「セゾン・資産形成の達人」どちらも年率換算で大きな運用成績を出しています。

3年前、5年前に買ってから現在まで保有を継続している人は実際にこれだけのリターンを得ています。

セゾン投信はここもお得

前回の説明で販売する金融機関と投資信託を運用する会社は別々とお伝えしました。

でもセゾン投信については直販スタイルで投資信託が買える数少ない会社の一つです。

直販スタイルで買えるので購入時の手数料もかかりません。これが他の投資信託だと数%、購入時に手数料が発生します。

ほんの少しですけど、こう言うところもお得です。

2016年から2017年にかけての投資の始め方

私のセゾン投信の損益
こちらで私の運用状況も更新していますのでご参考に。

私は2016年の3月からセゾン投信を始めました。今のところは運用状況は横ばいが続いています。

これは今、セゾン投信を持っている人はみんな同じ状況です。

「あれれ?増えると思ったのに」

「上で書いた運用成績は嘘なの?」

上の運用成績は本当です。

でも投資の運用、これはすごく波があるのです。毎年、毎年、5%、10%と上がる事が保証されてることは無くて、大きく上がる時もあれば今年の様に横ばいの時も。

次の大きな上昇の機会を掴みたいなら、今から準備を始めるのがいいと思いますよ。

資料と口座開設のための資料一式が届きます。もっと投資、セゾン投信について知りたい方は資料を請求してみてくださいね。

何より投資信託を運用する期間は長ければ長いほど、得られるリターンも大きくなります。また今度でいいかな、なんて思っていると、その貴重な投資の時間も徐々に徐々に減ってしまいますよ。

おわりに

最後までお読み頂きありがとうございました。

お金を増やす方法、幾らかはお役に立てたでしょうか。

不慣れなことをするのは最初は大変かもしれません。でも将来の不安、老後の不安、自分でなんとかしていかなきゃいけないんだろうなと思うのはみんな、感じてるところですよね。

そのための投資、そして投資の方法としてセゾン投信をご紹介しました。参考にして頂き、これから私も始めてみようかな、そんな風に思う人がいたら嬉しい限りです。

私もセゾン投信を続けていきます。

これから始められる方、一緒に運用を見守っていきましょうー。

私が使っているセゾン投信について

セゾン投信なら「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」「セゾン資産形成の達人」2つの投資信託で世界中へ分散投資が可能に。

セゾン投信の投資信託は世界的に知られるバンガード社を始め、T.ロウ・プライス、アライアンス・バーンスタイン、日本コムジェストのファンドに投資しています。

バナーの画像から無料で資料請求ができます。

セゾン投信にトライ!このブログについて

このブログはセゾン投信のファンブログです。セゾン投信株式会社との直接的な関係はございません。私もセゾン投信を利用する一人。利用者の立場としてブログから良いところ、気になるところを遠慮なく発信していきます。

セゾン投信にトライ! セゾン投信にトライ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)